室内楽セミナー

  • 2017.09.09 Saturday
  • 11:00

明るく楽しい音楽教室

doletimeのブログです。

自己表現力を育てます。

 

 

 

昨日、室内楽セミナーに参加してきました。

 

アンサンブル指導の一人者である江崎光世先生と、

江本純子先生の講座でした。


 

アンサンブル体験が、

音楽性を高めるだけでなく、

人間力を育むのにも、

効果がある。

しかし、

その機会をつくるには、

ハードルが高い。

 

*アンサンブルとは、複数の楽器と一緒に演奏することです。

その演奏形態は、2人から10人以上、楽器の組み合わせも様々です。

 

最近、

ピティナステップでも、

アンサンブルを取り入れている会場が増えています。

 

個人の音楽教室で、

プロの奏者と共演する発表会は、

あまりないと思います。

 

 

自分自身は、昔からアンサンブルが大好きで、

みんなにその楽しさを知ってもらいたいと、

ずっと考えていました。

 

そして、

生涯音楽を大好きになってもらいたい、

アンサンブルを体験し、その体験をピアノの演奏に活かしたい、

と、

プロの奏者を招いて、

子ども達との共演を始めて、

今回で5年目の発表会を迎えます。

 

 

習い始めの生徒さんから、

自然にアンサンブルを体験し、

聴く耳が出来ていたら、

 

技術的にも、

音楽的にも、

人間力を育むためにも、

豊かに成長していきます。

 

 

レッスンで、

「ここはバイオリンが弾いているように。」と、

よく言います。

それが時に、

フルートだったり、チェロだったりするわけです。

 

普段、音楽を聴いていないとわからない音が、

生の楽器とアンサンブル体験があることで、

イメージが沸きます。

 

そうやって、

音のイメージが、

表現の幅につながり、

音楽的な演奏に結びついていきます。

 

 

また、

ピアノ以外の音色との合わせは、

みんな、

楽しさ、うれしさで、

いっぱいです。

それは、

普段のレッスンの時よりも、

ずっと自分を出せ、

自由に弾けるからです。

 

合わせた後の子どもたちの表情は、

みんな輝いていますからね。

 

 

では、

すぐ効果が出るかというと、

結果は急がないでくださいね。

1回、2回では難しいところです。

せめて4〜5回は経験させてあげたい。

 

長いスパンで、

考えていただきたいです。

 

 

色々な経験の一つとしての体験、

一つ一つの体験がミックスされて、

人間力を育くむことに効果があると信じています。

 

大人になった私たちがそうであるように。

 

 

 

音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符

 

ムジカドルチェ音楽教室

 

お問い合わせフォームはこちらから。
折り返しご連絡させていただきます。


piano-eyoshi@willcom.com 吉本


お気軽にご連絡お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

公式ホームページ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM